ネットワークの混雑を制御するアルゴリズムに「公平な通信を提供しきれない」という問題があることが判明

2017-08-24_00h03_35 IT総合
2022年7月2日に発生したKDDIの通信障害では、多数の端末からアクセスが集中したためにネットワークで輻輳(ふくそう)が発生し、KDDIのモバイル通信などを利用しづらい状況が長時間にわたり続きました。輻輳について行われた新たな海外研究で、本来あらゆるユーザーが公平にネットワークへアクセスできるよう管理するアルゴリズムに偏りがある可能性が指摘されました。
Researchers discover
Source: グノシーIT

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました