人感センサーで瞬間的にミストを噴射! 香りを使った“嗅覚”の看板「アンビセント」

IT総合
株式会社SceneryScent(以下、シーナリーセント)は、ライブイベント・劇場などで香りを広く拡散し、嗅覚による演出を実現する“香り演出機器”を提供してきました。
今回、同社はアネスト岩田株式会社とともに、人感センサー内蔵香り演出機器「Ambiscent(アンビセント)」を共同開発。ピンポイントで嗅覚による訴求ができるようになるといいます。
微細なミストを瞬間的に噴射
従来のアロマディフューザーは、香りが広範囲に拡散するため、届いてほしくないところまで充満することがあったようです。
一方、Ambiscentは人感センサーが反応したときにのみ、機器の前に立った人に香りを噴射するため、まわりの人や環境への影響を限りなく抑えたうえで、嗅覚による訴求ができます。
エアーコンプレッサ(空気圧縮機:最大0.3MPa)を使用することで、効率よくミストになった液体香料を瞬間的に噴射することが可能。微細なミストなので、衣服などへ付香するリスクが低いとのことです。
看板・無人店舗などに活用可能
Ambiscentは、商業施設のサイネージや店舗前の看板、無人店舗、冷凍食品の自販機などに活用可能。匂いや香りが発生しないような場所へ設置することで、嗅覚による集客効果や購買向上が期待できます。​
また、エンタテイメントのアトラクションに取り入れ、センサー・映像・音など、ほかの演出と連動させて香り演出をする

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました