生き物は美しく、かわいらしい 「透明標本」で堪能 埼玉で作品展

2017-08-24_00h03_35 IT総合
標本を並べた会場の壁にも標本の映像を映し出している=狭山市立博物館で2022年9月22日午後2時35分、清藤天撮影
 埼玉県狭山市出身の透明標本作家、冨田伊織さん(38)の作品展が23日、狭山市立博物館で始まった。11月27日まで。イヌも「うれし涙」流す 飼い主と再会で 新研究 透明標本は、小さな生き物の骨格を調べるため、肉の部分を酵素で分解して透明にし、硬骨を赤紫、軟骨を青に染色するもの。冨田
Source: グノシーIT

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました