【新型コロナ】全数把握簡略化初日 医療機関「事務作業は相当楽に」 対象外患者への対応懸念も

2017-08-24_00h03_35 IT総合
新型コロナウイルス感染者の発生届を高齢者などリスクの高い人に限定する全数把握の簡略化が26日、始まった。医療機関や保健所の関係者は事務作業の負担軽減を歓迎する一方で、発生届の作成対象外となった患者への対応を懸念。高齢者らを除く感染者は自ら陽性者として県の窓口に登録することが必要になり、簡略化に伴う対応変更の周知を求める声も上がった。 「事務作業は相当、楽になった」。 横浜市中区にある「関内ゆめクリ
Source: グノシーIT

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました