スキー場で早い時間に滑れる特典付き! 東急不動産ら、スキーNFTの実験開始

IT総合
ウィンタースポーツの定番と言えばスキー。日本にあるスキー場の中でも、北海道倶知安町のスキー場「ニセコ東急 グラン・ヒラフ」のパウダースノーは世界から認められており、各国からスキーヤー・スノーボーダーが訪れています。
そんな中、株式会社HashPalette(以下、HashPalette)と東急不動産株式会社(以下、東急不動産)は、2022年12月1日(木)からニセコ東急 グラン・ヒラフにてスキーNFTの販売を開始。スキー場のNFTならではの特典付きです。
一足先にスキーができる特典付き
今回の実証実験で使用されるスキーNFTの「ニセコパウダートークン」には、ニセコ東急 グラン・ヒラフへのアーリーエントリー権が特典として付いています。
NFTの所有者は、同施設にある対象のリフト開場時間よりも前に入場し、通常よりも早く滑ることが可能。
世界から「JAPOW(Japan+Powder+Snow)」と認知されている極上のパウダースノーを早い時間から堪能することができます。
ニセコパウダートークンの販売期間は2022年12月1日(木)〜11日(日)、利用期間は2022年12月24日(木)〜2023年2月28日(水)を予定。
販売方式は抽選販売で、決済方法はPLT(パレットトークン:NFTマーケットプレイス「PLT Place」で利用される暗号資産)決済またはクレジットカード決済です。
NFT

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました