成功する新規事業は2割以下? リブ・コンサルティングが考える収益に繋げる事業の作り方

IT総合
かつて世界のGDPのトップに君臨してきたものの、1995年以降はGDPが右肩下がりとなっている日本。イノベーションや先端技術力、ユニコーンの数における米中との差は開く一方だという。
企業の強みを新規事業に転換し、成立するためには何が必要なのだろうか。
リブ・コンサルティングにおいて、ベンチャー企業・大手企業の事業開発コンサルティングを行う森一真氏に、日本がイノベーション分野で世界に後れを取った原因と日本に求められる改善策について提言頂く連載企画(第一弾はこちら)。
第二弾となる今回は、日本のイノベーションの拡大に必要な要素ついてご寄稿いただいた。
 
前回の記事で、日本のイノベーション開発に不足している3つのピース「研究開発」「人材」「オープンイノベーションに向けた取り組み」について解説した。
しかし、それらをいち企業で解決することや、そもそも社会を革新していくようなイノベーション創出は非常に困難である。今回の記事では、企業の強みを新規事業に転換し、成立するための考え方や方策を考えていく。
「新規事業の9割は金にならない」
企業の新規事業の作り方を考える前に、まずは日本の新規事業の実態を把握していこう。定量的に見ていくと、新規事業の立ち上げはここ数年で増加傾向にある。
その背景として「近年、中央官庁・地方自治体共に新規事業開発に活用可能な公的支援の予算を拡大する傾向にあり

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました