「プレミストタワー白金高輪」竣工

2017-08-24_00h03_35 マーケティング
2022年11月25日

大和ハウス工業株式会社
代表取締役社長 芳井敬一
大阪市北区梅田3‐3‐5
 大和ハウス工業(本社:大阪市、社長:芳井敬一)は、東京都港区白金高輪一丁目において分譲マンション「プレミストタワー白金高輪」(地上35階建て、総戸数284戸、うち分譲戸数153戸)(※1)を2019年8月より建設してまいりましたが、2022年11月22日に竣工しました。
 
 「プレミストタワー白金高輪」は、東京メトロ南北線・都営三田線「白金高輪駅」から徒歩1分の場所に位置する、1970年に建設された「パシフィック高輪マンション」(地上11階地下1階建て、総戸数63戸)と1979年に建設された「トーア第二高輪マンション」(地上11階地下1階建て、総戸数93戸)の2棟の分譲マンションおよび隣接する3敷地(※2)を「マンションの建替え等の円滑化に関する法律(以下:「円滑化法」)」(※3)の活用により建替えた分譲マンションです。
 旧耐震基準にて建設された2棟の分譲マンションは、竣工から40年以上経過し、建物の老朽化や耐震性への不安、バリアフリー対応の未整備、所有者の高齢化に伴う空室が目立ち、防災性やセキュリティ面の不安など多くの課題を抱えていました。
 そのような中、本事業では総合設計制度(※4)を利用して容積割増(※5)を取得。地権者が中心となり、事業収入の増

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました