ADHD治療薬が、覚醒剤系薬物乱用患者の入院リスクを低減

2017-08-24_00h03_35 IT総合
米国医師会(AMA)の精神医学誌「JAMAサイカイアトリー」に2022年11月16日付け で掲載された研究論文で、注意欠陥・多動性障害(ADHD)の治療薬リスデキサンフェタミンは、アンフェタミンやメタンフェタミンの依存症患者が入院するリスクを18%低下させ、薬物乱用障害で死亡するリスクを14%低下させることが明らかになった(アンフェタミンやメタンフェタミンは、中枢興奮作用を持つ薬物で、前者は米国等
Source: グノシーIT

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました