生命が存在したかもしれない土星の衛星「タイタン」の画像公開

2017-08-24_00h03_35 IT総合
NASAのジェイムズ・ウェッブ宇宙望遠鏡(JWST)とハワイのケック天文台が、土星最大の衛星タイタンの近赤外線画像を撮影した。新しい画像の数々は、この巨大衛星の北半球にある最大のメタン海であるクラーケン海の近くに雲があることを明らかにした。タイタンは太陽系において地球以外で唯一、川や湖や海のある天体で、そこには水ではなく液体のメタンやエタンが流れている。これらの炭化水素(他に水やアンモニアも)は、
Source: グノシーIT

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました