【Interview】いじめの相談を匿名で!世界が注目する問題解決プラットフォーム「Stopit」とは?

IT総合
いじめを苦に自殺する子どもたちのニュースが、後を絶たない。近年、いじめ防止対策推進法を筆頭に、政府もさまざまな対策を掲げている。しかし、なかなか解決しないのが現状だ。
海外ではすでに、アプリを利用したいじめ対策サービスが多数リリースされている。お役所や教育現場任せにせず、社会一丸となって、この問題に取り組むべきときがきているのかもしれない。
日本国内での注目株は、米国発の問題解決ツール「Stopit(ストップイット)」だろう。いじめを受けている人、もしくはそれを目撃した人が、匿名で学校などの組織担当者に報告・相談ができるプラットフォーム。アメリカCNNの「世界を変えるために役立つアプリ5選」に選出された他、元 米大リーグ ニューヨーク・ヤンキースのデレク・ジーター氏が投資するなど、世界各国で高く評価されているサービスだ。
取材に応じてくれたのは、ストップイットジャパン代表取締役の谷山 大三郎(たにやま だいざぶろう)氏。当事者である子どもたちとその親はもちろん、悲しい報道に胸を痛める大人たちにとっても、必見のインタビューとなった。
・いじめの早期発見に貢献
Q1:海外ではすでに高い評価を受けているサービスですが、日本国内展開に当たって変えている点がありましたら、教えてください。
現在、日本展開に当たってサービス変更をしている点はありません。ただし、日本での展開も進んできましたので、

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました