植生分布くっきり=衛星「しきさい」初画像-JAXA

2017-08-24_00h03_35 IT総合
気候変動観測衛星「しきさい」の初画像。可視光では見分けがつかない常緑樹(鮮やかな緑)と落葉樹(茶色)の違いが分かる。紫色は都市部など緑化されていない地域(JAXA提供) 宇宙航空研究開発機構(JAXA)は12日、昨年12月に打ち上げた気候変動観測衛星「しきさい」の観測センサーが捉えた初の画像を公開した。植生分布を調べる波長で撮影した画像では、常緑樹と落葉樹の違いなどもくっきりと映し出されている。 
Source: グノシーIT

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました