ミニ腸、動きも再現=ヒトES細胞などから作製-難病治療応用に期待・成育センター

2017-08-24_00h03_35 IT総合
ヒト胚性幹細胞(ES細胞)から作ったミニサイズの腸(大きさ1~2センチ)。「蠕動(ぜんどう)」も再現できた(国立成育医療研究センター提供) ヒトの胚性幹細胞(ES細胞)や人工多能性幹細胞(iPS細胞)から、培養皿の中で大きさが1~2センチ程度のミニサイズの腸を作ったと、国立成育医療研究センターと東北大、大日本印刷の研究チームが12日、米臨床研究学会の学会誌に発表した。 ES細胞などから腸を作った報
Source: グノシーIT

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました