若手研究者の8割が「日本の科学技術の競争力が低下した」と回答

IT総合

日本経済新聞が20~40代の若手研究者を対象に実施したアンケートによると、8割が「日本の科学技術の競争力が低下した」と回答したという。
日本の研究現場が活力を失いつつある。日本経済新聞が連載企画「ニッポンの革新力」の一環で20~40代の研究者141人を対象に実施したアンケートで、8割が「日本の科学技術の競争力が低下した」と回答した。不安定な雇用や予算の制約で短期的な成果を求められることを疑問視する声が目立った。世界をリードする業績は若手時代に生まれるケースが多く、イノベーションの土台が揺らいでいる現実が浮かび上がった。 研究開発… https://www.nikkei.com/article/DGXMZO30138080V00C18A5EA2000/
続きを読む

Source: IT速報

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました