なぜローソンやライオンが「家電見本市」に参加したのか?

2017-08-24_00h03_35 IT総合
10月16日から開催されていた「CEATEC JAPAN 2018」。従来の「家電見本市」という位置づけを超えて、農業、建設・土木、都市インフラ、スマートシティ、医療・ヘルスケア、物流・流通などの展示も行われた。なぜローソンやライオン、LIXILといった、従来の枠組みでは考えられない企業群が出展したのか。業界の垣根を超えた「異業種競争」の現場を追った。
Source: ソフトバンク

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました