葬儀ベンチャー「よりそう」、計6社から総額20億円の資金調達。累積調達額32.6億円に

IT総合
高齢化や年金問題、核家族化など老後に関する社会問題が深刻化する中、終活、葬儀、相続などの「ライフエンディング」をサポートする「株式会社よりそう」は、2019年7月1日から8月31日にかけて、SBIインベストメントなど金融機関系ベンチャーキャピタル計6社を引受先とする第三者割当増資により、総額20億円の資金調達を実施した。
計6社からの出資で、累計調達額32.6億円に
よりそうは2009年3月設立以降、葬儀・供養の価値観の変化等を取り入れたサービス「よりそうのお葬式」、「お坊さん便」の提供が支持され、著しい成長を見せてきた。
2018年3月には葬儀周辺のサービスをワンストップで提供するブランド「よりそう」を発表し、2019年8月現在、加入することで葬儀・供養の特典が受けられる「よりそうメンバー制度」の会員は数万人規模まで成長している。
このたび同社はSBIインベストメント、ジャパン・コインベスト、新生企業投資、ナントCVC2号ファンド、山口キャピタル、AGキャピタルの計6社を引受先とする第三者割当増資により、総額20億円の資金調達を実施し、4度目となる今回の資金調達で、累計調達額は32.6億円に達した。
「老後がこわい」を解消するプラットフォームの構築を目指して
同社は葬儀・供養・相続・介護などは全て「ライフエンディング」を構築する要素という前提で、より広範なシニアライフに関わる領域

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました