FRONTEOがAIを活用したメール監査サービス「saki-mori」を提供

2017-08-24_00h03_35 IT総合
FRONTEOは11月18日、AI「KIBIT」を用いたコンプライアンス違反の予兆発見・監査サービス「saki-mori」(さきもり)の提供を開始すると発表した。同社にまとまった期間のデータを預けることで、ハラスメントや経費不正請求、キックバック、情報持ち出し、カルテル・癒着をはじめとした、企業におけるコンプライアンス違反やルールの逸脱などの予兆や不穏な動きの早期発見・対応に役立つという。
新サ
Source: グノシーIT

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました