サムスン、研究開発で世界2位。1位はGoogle、3位Microsoft

IT総合

サムスン電子が研究開発に世界の企業で2番目に多く投資する企業であることがわかった。
欧州委員会がこのほど発表した「2019産業研究開発投資スコアボード」によると、2018年度基準でサムスン電子の研究開発投資規模は総額148億3100万ユーロ(約1兆7821億4000万円)で世界2位を記録した。サムスン電子は前年より投資規模を9.8%増やしたが1年で1位から2位に落ちた。今年の研究開発投資規模1位の企業は昨年2位を記録した米グーグルの親会社アルファベットの182億7000万ユーロだった。3位は147億3890万ユーロを投資した米マイクロソフトだった…続きはソース元でhttps://japanese.joins.com/JArticle/262103
続きを読む

Source: IT速報

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました