黄砂、PM2・5…飛来物への影響は 付着しても生存困難

2017-08-24_00h03_35 IT総合
大陸から飛来する微小粒子状物質PM2・5や黄砂など、大気中を漂う物質が気になる季節を迎えた。「新型コロナウイルスはPM2・5や黄砂に付着して飛んでこないの?」「人が吸引した場合、感染しないの?」。飛来物にどのくらい注意する必要があるのか。
 福岡管区気象台によると、黄砂は中国の砂漠などで、強風で吹き上げられた砂が上空の風に乗って浮遊する現象。近年は減少傾向にあるものの、例年春になると観測されること
Source: グノシーIT

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました