使いこなせないと意味がない! 普段使いにも最適なオススメ防災グッズたち【携帯&車載グッズ編】

ガジェット総合
東日本大震災から6年が経過し、熊本地震からまもなく1年が経過しようとしています。これまでいくつもの大規模災害から教訓を得ているとはいえ、日に日に防災に対する関心は低下してしまうもの。いざ遭遇したとき適切に動けるかと言われれば不安に思う人も多いことでしょう。
 
本稿では、災害に対する意識を風化させないように、いざというときに役立つ便利グッズを紹介。防災ガイドのあんどうりすさんに伺った防災の心得をもとに、大災害に備えて抑えておきたい防災グッズをお教えします!
【関連記事】
大災害が起きてももう大丈夫! 普段使いもできるオススメ防災グッズまとめ【日用品&インテリア編】
 
【この人に話を聞きました!】
アウトドア流防災ガイド あんどうりすさん
阪神大震災の被災体験とアウトドアの知識を生かし、2003年より全国で講演活動を展開。自身のブログ「あんどうりすの防災・減災りす便り」やtwitterでの情報発信はもちろん、危機管理とBCPの専門メディア「リスク対策.com」でもコラムを連載している。
 
防災アイテムは使いこなせないと意味がない!
「まず考えなければならないのは、災害には地震や火災、津波、大雨など様々なタイプがあり、それぞれ最適な避難場所は異なるということ。住んでいる土地の危険度を事前に調べ、避難場所を家族と共有しておくことが最も大切です」

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました