リハビリでの遠隔医療に進展 在宅心臓リハビリシステムの医師主導治験を国内初で実施

2017-08-24_00h03_35 IT総合
大阪大学 大学院医学系研究科 循環器内科学の坂田泰史教授らによる研究グループは、心疾患の治療に有効とされる心臓リハビリテーションを在宅で行なえる「心疾患に対するオンライン管理型心臓リハビリテーション医療機器(通称:RH-01)」の承認に向けた医師主導治験を開始することを発表した。リハビリ領域における遠隔医療としては国内初の医師主導治験となる。機器の開発や患者宅への設営は、大阪大学発の医療スタートア
Source: グノシーIT

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました