遺言時医師立会支援センター: 自筆証書遺言作成時遺言能力評価サービス提供開始、9月21日は「敬老の日」&「世界アルツハイマーデー」

2017-08-24_00h03_35 マーケティング
9月21日は「敬老の日」&「世界アルツハイマーデー」、「争族」防止に医的に有効な遺言を作成しませんか 合同会社パラゴン・遺言時医師立会支援センター(本社:東京都港区、代表社員:櫻澤 博文、以下 センター)は、 「自筆証書遺言」に対して、 医師がその医学的な有効性を担保する「自筆証書遺言作成時遺言能力評価サービス」の提供を 2020年9月15日より開始いたしました。「国民の祝日に関する法律」により、9月の第3月曜は「敬老の日」です。今年は9月21日で、その日は「世界アルツハイマーデー」でもあります。認知症の高齢者は2025年には全国で約700万人、65歳以上の高齢者の約5人に1人に達するといわれているように、認知症が身近になってきています。その9月21日は、「敬老の日」として多年にわたり社会につくしてきた老人を敬愛し、長寿を祝うと共に、「世界アルツハイマーデー」として認知症について誰もが、他でもない、自分のことととらえる日といえましょう。親や親戚からしたら、「自身を敬愛し世話してくれる子孫や親族に大切な財産をのこしたい!」との想いを抱くことが自然な感情です。そして「争族」といわれるように、遺族間の争いや諍いを防止するためにその日に遺言内容を改めて確認する人も多くいることでしょう。【遺言の種類】遺言には大きく2種類あります。1つが「公正証書遺言」です。法律の専門家である公証人に依頼する

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました