ミニ株(単元未満株)取引ができる証券会社8社を比較!おすすめ銘柄や1株株主優待銘柄紹介

2017-08-24_00h03_35 マーケティング
現在、ネット証券を中心に単元未満でも株が購入できる「ミニ株」という少額投資サービスが展開されている。これは「株式投資で、買いたい銘柄があっても資金が足らず購入できない……」という悩みを解決してくれるもの。日本の有名企業の株式でも、少ない元手で単元未満株を購入できるこのサービスはどのようなものなのだろうか。1,ミニ株は単元株以下でも購入できる少額投資サービス (画像=polkadot/stock.adobe.com)現在の日本の株式市場では、最低売買単位が100株というのが一般的だ。ということは1株1,000円の銘柄の場合、最低でも10万円の資金が必要になる。中には1株1万円を超える銘柄もある。そのような株を購入するには100万円が必要だ。資金が潤沢にある投資家は問題ないが、少額で株式投資をしている人には株価の高い銘柄を購入するのはハードルが高い。そんなときに役立つのがミニ株だ。ミニ株は、本来100株単位で購入する株式を、100株以下の単位でも購入できるようにした単元未満株投資サービスの総称だ。ミニ株は証券会社が独自で提供するサービスであり、2020年6月現在では、単元未満株サービスとして1株から売買できる証券会社から、株数指定ではなく金額指定で株式を購入できる証券会社まで、工夫を凝らしたさまざまな少額投資サービスが展開されている。トヨタ自動車 を例に挙げて説明しよう。トヨタ自動

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました