年収1500万円超のサラリーマンが考えたい節税対策。じつは税率に有利な“投資”について考える

2017-08-24_00h03_35 マーケティング
高収入と言われる人でも、収支をみると、お付き合いなどの支出や重い税負担で、実は「お金ストレス」に悩まされている現状が見受けられます。節税対策として有効な手段はあるのでしょうか。また、有効と言われる不動産投資は、実際どうなのか、事例から考えてみましょう。目次こんなに頑張っているのに重い税負担……。年収1,500万円ディーラーの嘆き選択肢は、「収入を増やす」「支出を減らす」の二択?収入を増やし税率を押さえる1:株、FX投資と節税の関係収入を増やし税率を押さえる2:不動産投資と節税の関係成功のカギは、仕組みづくり税負担にストレスを感じることなく、人生を楽しむこんなに頑張っているのに重い税負担……。年収1,500万円ディーラーの嘆き (画像=hppd/stock.adobe.com)「もともとクルマが好きなので、仕事はキツイけど辞めたいと思ったことはありません。同年代の会社員と比較したら年収も生活もよいですね。会社からも評価されていて、お客さまと一緒に喜べる仕事が天職だと感じています」都内でカーディーラーをされているAさんは、ご自身の仕事と給与について、語ってくださいました。「年収は増えていますが、食事会や飲み会への出席、後輩へのご馳走などの出費がかさみ、豊かになった実感はありません。そして、給与明細の「税額」を見るとため息が出ます。」清潔感のある身なりや話し方から、お客様の信頼度が高い

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました