元ソフトバンクのプロ野球選手OBらが鹿児島で熱血指導!

2017-08-24_00h03_35 マーケティング
2020年11月21日

全国農業協同組合連合会(JA全農)
 
元ソフトバンクのプロ野球選手OBらが鹿児島で熱血指導!
川﨑宗則氏、攝津正氏らから子供たちが野球の基本を学ぶ
〜JA全農が子どもたちの夢を応援!しっかり食べて体づくりを〜
 
 世界のホームランキング・王貞治氏が理事長を務める一般財団法人世界少年野球推進財団(WCBF)が主催し、JA全農が特別協賛する「JA全農WCBF少年野球教室」が11月21日(土)、鹿児島県日置市の「日置市伊集院総合運動公園野球場」で開催されました。
 今年で28年目を迎えたこの教室は、元プロ野球選手が講師を務め、毎年全国各地で開催されています。鹿児島での開催は8年ぶりで、日置市のソフトボールチーム7チーム、小学生、指導者、保護者ら合計99人が参加。ソフトバンクOBで、現・栃木ゴールデンブレーブス所属の川﨑宗則氏、攝津正氏(ソフトバンクOB)、里崎智也氏(ロッテOB)、柴原洋氏(ソフトバンクOB)ら4名が野球の基本指導を行いました。
 開催県のJA鹿児島県経済連から各講師に「お肉の選べるギフトカード」が贈呈されました。
 

 
 開校式では、柴原講師が「今日は投げ方、捕り方、打ち方、走り方を基本的なことからしっかり教えます。みんなで楽しく、ケガの無いようにしましょう。」とあいさつ

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました