OPPOがARグラスの新デザインを発表!2021年に発売へ

VR
11月17日、中国を拠点とするスマートフォンメーカーOPPOはオンラインイベント「Inno Day」を開催し、新しくデザインされたARグラスを発表しました。
「OPPO AR Glass 2021」と呼ばれるARグラスは新たな光学系を採用することで、前年に発表されたモデルよりも小型化・軽量化を実現したとのことです。





OPPOがARグラスの新デザインを発表
OPPOは2019年にもARグラスのプロトタイプを発表しています。
そのときの「OPPO AR Glass」はHoloLensのようなゴーグル型のデザインとなっていました。
今回OPPOが発表した「OPPO AR Glass 2021」はNrealLightと同様の「Birdbath」と呼ばれる光学系設計を採用するなど、大幅な小型化・軽量化に成功しています。
デザインも左右が分かれたスプリットデザインのメガネ型になり、普段でも利用しやすい形になりました。
利用する際にはnapdragon865チップセットを搭載したOPPOFind X2 Proなどのスマートフォンに接続し、音声やジェスチャーによって操作します。
視野角などの詳細については明らかではないものの、OPPOは「わずか3メートル離れた90インチのテレビを見る」ようなものとしているので、視野全体が塞がれるわけではないようです。
そのほか、ユーザーのジ

リンク元

VR
ガジェットレビュー速報!

コメント

タイトルとURLをコピーしました