ケース別にみる!リスク資産の状況に合わせたポートフォリオの見直し提案【前編】

2017-08-24_00h03_35 マーケティング
(画像=PIXTA) 【1】REITファンドの下落で資産全体が下落したお客様 お客様のREITへの期待を確認し資産全体を見てリスクを調節 新型コロナウイルス感染症が拡大した直後、REIT市場は株式市場以上に大きく下落し、その後もなかなか戻らないでいる。当然、REITファンドを持つお客様は大いに不安に思うだろう。保有資産のうちREITファンドにだけ注目してしまっているかもしれない。担当者は、お客様に対しまずリスク資産全体(ポートフォリオ)を見てもらうよう促そう。本ケースのお客様は資産全体で見ても含み損を抱えているが、もし資産がREITファンドに集中していたら、損失額はもっと大きかったはずだ。傷が浅く済んだのは、適切なポートフォリオを組み分散投資を実現させたからだと説明したい。コロナの影響を踏まえ長期的視点で考える
Source: ずーおんらいん

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました