自撮りもここに極めり!? スマホと一体になる空飛ぶカメラ「AirSelfie」がいよいよ発売!

ガジェット総合
AirSelfieはクラウドファンディングの「Kickstarter」で資金を集めて開発、製品化したスマホサイズのセルフィーカメラ。スマホカバーと一体になったバッテリーケースに収納することで、スマホと一緒にAirSelfieも持ち歩けるというのが大きな特徴です。
↑左がAirSelfie本体、右が専用ケース
 
手軽に持ち歩ける空飛ぶ自撮りカメラ
AirSelfieは、その名が示すとおり、空を飛ぶ自撮りカメラです。ドローンという呼称を使わないのは、手持ちや自撮り棒を使っての自撮りなどのひとつの進化系として存在しているから、とのこと。
 
実用面でも、重さが約61gなのでいわゆるドローン規制に引っかからず、基本的には許可を取らなくてもどこでも飛ばすことができます。このあたりもセルフィーカメラとしての手軽さゆえですね。
 
空を飛びながら撮影してくれるこうした小型ドローンのような製品はほかにもありますが、本製品の最大の特徴はスマートフォンとAirSelfieが両方収納できるスマホケースによって手軽に持ち運べるという点です。
 
この専用ケースは、iPhone6/6S/7対応とGalaxy S7対応の2種類を用意。どちらも1800mAhのバッテリーを搭載し、AirSelfieを収納しているときは自動で充電されます。今のところAirSelfie単体で

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました