2016年と2017年の12インチMacBook、今でも反射防止フィルムが修理対象に

2017-08-24_00h03_35 IT総合
米国内でAppleの新たな修理ポリシーが2021年1月4日から適用され、反射防止の特殊コーティングが施されているMacBookのRetinaディスプレイが剥げる問題が生じていた2016年と2017年の12インチMacBookとMacBook Proが、Appleの正規サービスプロバイダを介して、いまだに修理対象であることが明らかになりました。
2018年以降のMacBookモデルはプログラム対象外
Source: グノシーIT

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました