タイガー魔法瓶「復活劇」立役者が明かす、100年企業のDXとD2Cの取り組み

2017-08-24_00h03_35 IT総合
大阪・門真市に本社を置くタイガー魔法瓶は、創業97年の老舗として有名な調理家電メーカーだ。誰もがその名を知る企業だが、ここ数年、業績が漸減し、ついに2018年には赤字に転落。そのころ、ある1人の幹部が同社に着任し、わずか数年で業績を復活させた。その人物こそ、ソニーでVAIOなどの事業を立ち上げ、ソニー本社研究開発本部事業戦略部で統括課長を務めた後、ソーシャルメディア系スタートアップ2社を上場、イグジットさせた浅見 彰子氏だ。同氏は、いかにして、傾きかけていたタイガー魔法瓶を返り咲かせたのだろうか。
Source: ソフトバンク

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました