VRで医師の動きを練習!医療実習のバーチャルトレーニングを開発

VR
バーチャルテクノロジーでカラダの動きをデータ化し、社会実装を進めているイマクリエイト株式会社は2021年1月13日(水)、体の動きをデータ化する技術「ナップ」が京都大学大学院医学研究科に採用され、医学部生向けのバーチャルトレーニングを共同で開発したことを発表しました。





京大と医療実習用VRトレーニングを共同開発
今回イマクリエイト社が京都大学大学院医学研究科と共同開発したバーチャルトレーニングは、医学部生向けに開発されたシステムで、非対面・非接触でも可能な新しい医療実習の実現を目的としています。
体験者となる実習生は、VR空間で実際の医療現場に立つ医師の動きを繰り返し練習することにより、現場に「慣れる」ことで技術を習得しやすくなります。
イマクリエイトの「ナップ」を採用
このバーチャルトレーニングは、イマクリエイト社の提供する技術「ナップ」が採用されています。
「ナップ」は、イマクリエイト社が独自に開発したバーチャル技術で、これまでは画像や動画など”2D”としてしか見ることができなかった様々な動きを、3Dモデルとしてバーチャル上に立体的に再現し可視化することができます。
現在での情報伝達の手段は
・聞く
・読む
・見る
といったことが中心で、これらは「伝える」ことが主であるために実体験をさせるということが難しい現状にあります。
一方で

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました