都市空間のデジタルツインを作成するプラットフォーム「SYMMETRY」

IT総合
Symmetry Dimensions Inc.(シンメトリー・ディメンションズ・インク)は2014年に設立された(旧社名DVERSE Inc.)スタートアップで、建設現場や都市開発、災害対策で街や都市のデジタルツインを構築するサービスを提供している。ファウンダ-でCEOの沼倉正吾氏は、将来のスマートシティ実現を見据え、今後、密接に結びついたフィジカルとデジタルのアーキテクチャーが都市には必須だと語る。同社のビジネスについて話を伺った。
Source: 週刊アスキー

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました