キヤノン、MR用ヘッドマウントディスプレイ「MREAL S1」を発売へ

IT総合
キヤノンは、MR(Mixed Reality:複合現実)システム「MREAL」シリーズの新製品として、ヘッドマウントディスプレイのエントリーモデル「MREAL S1」を2021年2月下旬に発売する。価格はオープン価格。
キヤノンの技術を活用したMRシステム「MREAL」とは?
「MREAL」は、現実の映像とCGをリアルタイムに融合するMRシステムだ。
同システムではまず、MREALディスプレイに内蔵されたカメラが現実空間の映像を撮影。その映像はコンピューターに送られ、コンピューター側でCGとの合成を行う。そして、合成映像がMREALディスプレイに表示されるという仕組み。キヤノンの高度な光学技術により、臨場感のあるMR空間が実現する。
キヤノンITソリューションズ株式会社の公式Webサイトには「MREAL資料室」というページがあり、事例動画なども公開されている。
シリーズ最小・最軽量のモデルに
2月発売のMREALディスプレイ「MREAL S1」のセールスポイントは、なんといってもそのコンパクトさだろう。
ヘッドマウントユニットを含む本体サイズは約186×250×138mmで、質量は約338g(ディスプレイ部のみの質量は約137g)。シリーズ最小・最軽量となっており、使用時の負担を軽減する。
また、フリップアップ機構を搭載しているため、ヘッドマウントディスプレイを装着した状態から素早

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました