驚くことに経営者でも賃借対照表は読めない人が多い『会社の状態がひとめでわかる! バランスシートは箱型で読みなさい EXCELテンプレート付』著者中村儀一が、キンドル電子書籍にて配信開始

2017-08-24_00h03_35 マーケティング
株式会社あさ出版(東京都豊島区池袋/代表取締役:佐藤和夫 http://www.asa21.com )は、2021年2月17日に『会社の状態がひとめでわかる! バランスシートは箱型で読みなさい EXCELテンプレート付』著者中村儀一が、キンドル電子書籍ストアにて配信開始されました。■『会社の状態がひとめでわかる! バランスシートは箱型で読みなさい EXCELテンプレート付』著者中村儀一・キンドル電子書籍 https://amzn.to/2Nd3tOp・アマゾン書籍   https://amzn.to/3dtCB7k貸借対照表(バランスシート)は、6つの「箱」・現金預金・その他の流動資産・固定資産・流動負債・固定負債・純資産に数字を当てはめ、各期で比較すれば、細かい数字が読めなくても会社の現状・課題・将来性を瞬時に理解できる。公認会計士が箱型バランスシートの読み方を紹介。決算書は大きく「損益計算書」と「賃借対照表」の2種類に分けられます。損益計算書は、売上高から費用を差し引いて、会社が1年間に稼いだ利益を計算するのもです。一方、賃借対照表は、会社の抱える資産や負債を一覧表にしたものです。損益計算書は、とくに知識のない人でも読むことができるでしょう。しかし、賃借対照表となると、読める人の方が少なくなってしまいます。驚くことに、事業を行っている経営者でも損益計算書は読めるけれど、賃借対照

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました