コロナ禍の影響で相談が激増!条件変更の申し出に非メイン行はこう対応する【後編】

2017-08-24_00h03_35 マーケティング
(画像=PIXTA) ケース3 メイン・準メインの足並みが揃わず下位の自行に条件変更依頼があった メイン・準メインの支援を引き出すにはどうすべきか こう対応しよう!非メイン行であっても、その規模や企業のニーズを踏まえて、コンサルティング機能を発揮することが期待されている。それだけに本ケースでも「うちは下位行ですからメイン行・準メイン行の支援方針に従います」と切り返すのは適切ではない。対応方法を考えていこう。まずメイン行・準メイン行の足並みが揃わない理由を確認する。例えばメイン行は保全が万全であり、準メイン行以下は保全が不足するなど、融資条件が大きく異なるのかもしれない。また、リスケなど一定金額の返済を受ける条件変更では「プロラタ返済(複数の金融機関と取引している場合に、返済額を融資金額に応じて比例的に決める返済方法)」となるが、これには「残高プロラタ(単純な融資残高に応じて返済額を按分)」と「無担保(信用)プロラタ(無担保部分の融資残高に応じて返済額を按分)」がある。条件変更に際しメイン行は残高プロラタを主張し、準メイン行が無担保プロラタを主張すると支援方針の足並みが揃わなくなる。本ケースはこれに該当するかもしれない。この場合、下位行である自行庫は、企業が政府系金融機関や信用保証協会を利用しているなら、そこに調整を依頼するようアドバイスしたい。公的機関はコロナ下のいま、相

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました