世界的なハイテク株急落の原因について諸説を紹介

2017-08-24_00h03_35 IT総合
米国時間2月23日、テクノロジー株の比重が高いNASDAQ総合指数が前日から 2.34%ダウンした。Tesla株は6%以上下がっている。Teslaは2021年初めに史上最高値を更新した後、弱気相場による修正局面に入っている。Appleも122.02ドルと、145ドル以上だった最近の高値からダウンしている。
ハイテク株ばかりが買われていると感じられる期間が長く続いたが、最近の修正には実質的なものがありそうだ。
売りの程度を測定する方法として、 たとえばBessemerのクラウド指数は米国時間2月22日、5%を下げた後、続いて今日4.5%ダウンした。多くの投資家が急成長テクノロジー株投資の目安としてきたARKのETF(上場投資信託)、ARKK(ARKイノベーションETF)も同日5.9%下落し、さらに23日には6.6%下がった。
なんと、最近無敵の値上がりを見せていたBitcoinでさえここ数日打撃を受けている。
テクノロジー企業、またテクノロジーに特化した各種指数、また暗号通貨のような隣接分野の市況を突然逆転させた理由は何だろう?もちろん、世界の株式市場のように途方もなく複雑な環境では単に1つの要因だけでものごとが起きることはない。しかし、いくつか検討すべき説明が登場している。
「『金余り、債権安でみんなが株を買う』という主張が勢いを失った」とする説明には聞くべきものがある。債権利回り

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました