奈良・平城宮跡にて、MRやAI自然会話を活用した新たな観光体験の実証実験

IT総合
日本電気株式会社(NEC)、凸版印刷株式会社、株式会社マクニカ、株式会社コトバデザインの4社は、2021年2月26日~3月1日の期間、奈良県の平城宮跡歴史公園にてローカル5GやMR、AIなどを活用した新たな観光体験の実現に向けた実証実験を実施する。
なお同実験は、総務省の令和2年度「地域課題解決型ローカル5G等の実現に向けた開発実証」のうち、NECが請負者となった「MR技術を活用した新たな観光体験の実現」の一環として行われるとのこと。
インタラクティブなMR演出
同実験での取り組みのひとつは、ローカル5GとMR技術を活用した新感覚エンターテインメントの創出。具体的には、同公園にある屋外の「復原遣唐使船」を舞台とするダンサーのパフォーマンスにMRグラスに表示させたCG演出を重ねるというものだ。
ここでは、参加者の位置や移動といったMRグラスからの情報収集と、映像コンテンツの配信に低遅延のローカル5Gを使い、参加者の場所・動きに合わせた映像表示や、手の動きなどのジェスチャーに合わせた演出映像を参加者全員で共有することができるという。
参加者が「復原遣唐使船」の船首から船尾へ移動することで、周りの季節・景色が変化するなど、普段の史跡見学とは一味違うインタラクティブな体験ができるようだ。
自動運転カートにAIコンダクター
もうひとつ、ローカル5GとAI自然会話(AIコンダクター)を活用した

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました