年金受給開始年齢は75歳まで「繰り下げ」が可能に。制度改正による老後のくらしへの影響は?

2017-08-24_00h03_35 マーケティング
平均寿命が延びるにともない、老後資金の問題がマスコミをにぎわしています。そんな老後資金の重要な資金源となりうるのが「老齢年金」です。繰り下げ受給によって年金額を増やすことが可能ですが、制度改正によって75歳まで繰り下げられるようになります。この記事は初心者に向けて、「繰下げ受給」のメリット、活用する際の注意点について解説します。目次意外と説明できない?老齢年金とは何か年金の種別によって加入義務のある対象者が異なる老齢年金には「老齢基礎年金」「老齢厚生年金」の2つが存在する老齢年金はどのくらい受給できるのか?「繰下げ受給」をすると年金額が増額する繰下げ受給の“元”を取るには?日本人の65歳時点の平均余命と照らし合わせてみると?繰下げ受給が有利か不利かは計算できないまとめ:年金はもらえるうちにもらっておくのも合理的な考え方意外と説明できない?老齢年金とは何か (画像=nattakorn/stock.adobe.com)公的年金とは、公的年金制度に支えられた年金を指し、若いときに加入して、保険料を納め続けることで、経済的なサポートが必要な状態になったときに支給される仕組みをいいます。また、年金には「老齢年金」「障害年金」「遺族年金」があります。まずは老齢年金とほかの年金の違いを説明できるように、違いを確認してみましょう▽支給する年金の内容に基づく年金の種類種類内容老齢年金高齢になり働け

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました