「感情認識AI」の危険性を専門家が警告、一体何が問題なのか?

2017-08-24_00h03_35 IT総合
リモートワークやリモート授業が浸透するにつれ、労働者や生徒をデバイス越しに監視するソフトウェアの需要が増加しています。中にはリモートで通信する相手の表情から感情を読み取る「AIを使ったソフトウェア・サービス」も存在しますが、これらの技術は科学的な実証がされておらず、誤用が懸念されると、人工知能(AI)の社会的影響を研究するケイト・クロフォード氏が論じています。
Time to regulate A
Source: グノシーIT

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました