配偶者と一緒にいない高齢者は認知症のリスクが高まることを富山大が確認

2017-08-24_00h03_35 IT総合
富山大学は6月9日、2014年に富山県が実施した同県における認知症高齢者実態調査の追加分析を実施し、高齢者の婚姻状況と認知症に関する新たな知見を得て、配偶者と一緒にいない状況は、配偶者と一緒にいる状況と比べて認知症を発症するオッズ比(リスク指標)が1.71倍高く、また生活習慣病との関連では脳卒中を発症するオッズ比が1.81倍高くなることが明らかになったと発表した。12歳までの運動経験で認知機能が維
Source: グノシーIT

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました