【吉野家】夏にスタミナをつけよう!『牛皿麦とろ御膳』と『ネバとろ牛丼』が6月14日から発売開始!

iPhone・android
6月14日から吉野家でとろろを使用した食べやすく暑い時期にスタミナをつけるのに最適な食材をふんだんに使った『牛皿麦とろ御膳』と『ネバとろ牛丼』が登場しますす。
6月14日から『牛皿麦とろ御膳』と『ネバとろ牛丼』が登場

吉野家にて、6月14日(月)からとろろのうまさと食べごたえがパワーアップした「牛皿麦とろ御膳」と「ネバとろ牛丼」が登場します。
とろろで食べやすく、牛肉でスタミナもつく2種のメニューは暑くなり疲れた体にもピッタリですね。
『牛皿麦とろ御膳』
『牛皿麦とろ御膳』は吉野家特製のたれで煮込んだ牛肉と玉ねぎを盛り付けた牛皿、もち麦ご飯、とろろ、オクラ、みそ汁の合計5品で構成されています。
粗くおろした食感が残る とろろに別添のだしをかけて混ぜることで、とろろとだしの本来のうま味やとろろの粘りを最大限に引き出しているとのこと。とろろ自体にも食べごたえがあるのでシャクシャク感、もち麦のプチプチ 感・モチモチ感、オクラ独特のネバネバ感と、食感も楽しいものになっています。
牛肉などの動物性たんぱく質は免疫力向上につながる効果があり、もち麦、オクラ、とろろに含まれる豊富な食物繊維には身体の免疫細胞 の約 7 割が集まる腸で腸内細菌叢を改善する作用もあるので、体にもいい組み合わせですね。
『牛皿麦とろ御膳 肉2倍盛り』、『鰻皿麦とろ御膳』もあり、食べ方もいろいろです。店内でご飯増量

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました