EPFLが極低温電子顕微鏡でのリアルタイム観察を可能に!

2017-08-24_00h03_35 IT総合
タンパク質などの生体分子を近原子分解能でキャプチャできるイメージング技術「低温電子顕微鏡法(クライオEM)」が、2017年にノーベル化学賞を受賞しています。
最近では、新型コロナワクチンの標的となるSARS-CoV-2スパイクタンパク質の構造をマッピングするために使用されたりと、生命科学や医学、化学などで有用な同技術ですが、タンパク質のリアルタイム観察において弱点がありました。
こうしたなかスイス
Source: グノシーIT

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました