【テイクアウト】すき家「四川風麻婆丼」はどれくらい辛いの? 実際に食べてみた!

iPhone・android
「四川風」って聞くと、ちょっと悩みませんか?
「四川」というからには、とても辛いんじゃないか…と思っちゃいますよね。実際、通常と比べてかなり辛めに味付けされているのが一般的です。辛いものへの耐性が並の筆者だと、「四川風か〜…」と諦めることもあります。そういう人はきっと多いはず。
だったら…食べて確かめるしかない!!!
ということで今回は、2021年7月14日からすき家で販売している「四川風麻婆丼」をテイクアウトしてきました。辛いものが得意とはいえない筆者でも食べられる辛さなのか…実際に、食べていきます!
シンプルで無駄のない中華の辛さやいかに…!

さっそくフタを開けてみると、真っ赤な麻婆丼が…ということはなく、美味しそうな麻婆丼が広がっていました。スパイスの存在感が強めな香りですが、流石に「目に染みるッ!」とはなりません。本当に辛いのか…?美味しいだけなんじゃないか…?と疑い深くなってきたところで、食べていきます!
ピリリと効いた山椒が辛さの秘訣!
(辛いのがちょっと怖かったので)意を決して、ひとくち
あ、美味し……かっっっらい!!!

旨みもありましたが、ちゃんと辛かったです。
辛みは山椒からくるものでした。すき家の四川風麻婆丼には「青山椒」が使われています。青山椒は爽やかな柑橘系の香りが特徴的で、ピリリとした辛さが特徴的な香辛料です。しっかり辛いのですが、口の中に残り続

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました