年齢や築年数でアプローチ!お客様の属性に合わせてこんな商品を案内しよう【3】

マーケティング
(画像=PIXTA)②子どもが生まれ住宅を購入した30代のお客様主な提案商品・ジュニアNISA、学資保険、積立商品、学資保険教育資金の一括贈与制度など有利な資金準備の方法を情報提供子どもが生まれたことをきっかけとして、住宅の購入を決断するお客様は多い。金融機関の担当者はそうしたお客様に対し、子どもの教育資金を切り口としたクロスセルを展開しよう。子どもは今後、お客様の人生の中心となる。最初に考えられるのが教育資金ニーズだが、反射的に学資保険や積立関係の商品を売るのではなく、まずはお客様に親身になって情報提供に努めよう。非課税制度を案内し贈与も活用してもらう
Source: ずーおんらいん

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました