Pixel 6、2025年のAndroid 16までOSアップデート可能と報じられる

iPhone・android


日本時間20日に正式発表されるGoogleの新型スマートフォン「Pixel 6」と「Pixel 6 Pro」は、独自チップGoogle Tensorを搭載することで、ついにGoogleが主要なハードウェアとソフトウェアを完全にコントロールすることで、これまでになかった様々なメリットが生まれます。

特に注目されているのがアップデートの保証期間です。現在もPixelスマートフォンの販売開始から最低3年間のOSアップデートとセキュリティアップデートが保証されていますが、2016年に発売された初代Pixelと、2017年発売のPixel 2は、配信間近のAndroid 12の対応機種から外れました。

携帯電話やスマートフォンの買い替え期間は4.3年(内閣府調査)のため、わずかに足りていません。しかし、Tensorを搭載したPixel 6シリーズには、さらに長期間のOSアップデートやセキュリティアップデートが提供されるかもしれません。
Source: 携帯研究所

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました