商法とは?運送業の経営者必須の運送・海商に関するルールに要注意

マーケティング
(画像=Paylessimages/stock.adobe.com)商法は、古い歴史を持つ法律である。しかし民法や会社法と異なり実務を取り扱う際にあまり気にかけない人も多いのではないだろうか。事業をするうえで商行為について定めた商法は、事業を行う者にとっては重要な法律である。会社法や民法と関係について確認することで商法の理解も深まるだろう。またコロナ禍の外出自粛の影響もあって物流が盛んになっている。本稿では、運送業に関わる企業に影響を与える運送・海商に関するルールである「商法及び国際海上物品運送法の一部を改正する法律」の改正ポイントも解説する。目次商法とは?商法と会社法との違い民法と商法ではどちらが優先される?民法と商法との関係民法と商法とで異なる規定があるM&Aにおける会社法と商法運送業経営者必須の知識 商法改正のポイント運送全般のルールが新設危険物に関する荷送人の通知義務の明文化全部滅失の場合でも荷受人は損害賠償請求が可能荷物の滅失損傷に対する運送人の責任期間が1年に短縮旅客運送事業者の免責特約の効力に関する規定が新設高価品の損害についての運送人の責任が変化まとめ商法とは?商法と会社法との違い商人の営業や商行為、その他商事について定めた法律が商法である。一方で「商法(第2編)」「有限会社法」「株式会社の監査等に関する商法の特例に関する法律」を統合し再編成したものが会社法だ。

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました