ディズニープラス12月の新作発表 スター・ウォーズ『ボバ・フェット』ほか多数

2017-08-24_00h03_35 ガジェット総合
ディズニープラスが12月の新規追加コンテンツを公開しました。
ハイライトは独占オリジナルシリーズであるスター・ウォーズ『ボバ・フェット』のほか、人気の児童書シリーズをCGアニメ映画化した『グレッグのダメ日記』、クラシックなクリスマス映画の新旧『三十四丁目の奇蹟』『34丁目の奇跡』、ティム・アレンの『サンタクローズ』(1994)。
さらにポール・マッカートニーが音楽の歴史について語るドキュメンタリーシリーズ『マッカートニー 3,2,1』、ウィル・スミスが秘境を巡るドキュメンタリーシリーズ『ウェルカム・アース』、人気ホラーシリーズのスピンオフ『アメリカン・ホラー・ストーリーズ』等々、独占配信や日本初配信の作品を多数ラインナップします。
Source: エンガジェット

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました