【わかりやすく解説】デリバティブ取引とは? 先物などの投資商品の種類と失敗しないリスク対策とは

マーケティング
デリバティブ取引は、株式や債券、通貨や商品などの資産へ投資する方法の1つだ。元手よりも大きな額で取引できる特徴があり、リスクヘッジの目的で投資資産に組み入れる投資家もいる。一方でデリバティブ取引には、損失額が大きくなりやすいなどのリスクもある。デリバティブ取引を活用した資産運用を成功させるには、仕組みやリスクをしっかりと確認し、投資をスタートすることが重要だ。目次1. デリバティブ取引とは何か2. 5種類のデリバティブ取引3. デリバティブ取引のメリットとリスク4. デリバティブ取引の始め方まとめ:レバレッジを効かせられるデリバティブ取引は商品研究が重要1. デリバティブ取引とは何か (画像=PIXTA)デリバティブ取引は、株式や債券、通貨、商品といった資産を原資産(対象となる資産)として作られる「金融派生商品」の取引のことをいう。ここではまず、デリバティブ取引の特徴を確認しよう。1.1.「デリバティブ」の定義「デリバティブ(derivative)」は、「派生的」や「派生する」の意味を持つ英単語だ。株式や債券、通貨、商品などの原資産から「派生した」金融商品の取引が「デリバティブ取引」と呼ばれるのは、そのためである。デリバティブ取引は、一般的な株式投資や為替取引とは仕組みが大きく異なる。取引時に即時売買を行うのではなく、原資産を決められた期日に一定の価格で取引する権利や義務をあらか

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました