Digi-Key、スマート農業などにフォーカスし即座にIoT展開ができる「プライベートLoRaWAN-in-a-Boxソリューション」

2017-08-24_00h03_35 IT総合
電子部品ディストリビューター大手Digi-Key(ディジキー)は、おもにスマート農業、高精度農業プロジェクトにフォーカスした、即座にプライベートなIoTの展開ができるハードウェアとソフトウェアのセット「プライベートLoRaWAN-in-a-Boxソリューション」を発表した。Digi-Keyは、業界初となるこの製品の独占ディストリビューターとなる。
これは、オープン技術とアジャイル製造を提供するハードウェア開発企業Seeed Studio(シードステューディオ)による製品。買ってすぐに使えるLoReWAN(低電力広域ネットワーク)IoTセンサーおよびゲートウェイからなるハードウェアと、IoTデータ管理ソリューションを展開するソフトウェア開発企業Machinechat(マシンチャット)のソフトウェア「JEDI Pro Seeed Studio Edition」を統合したもの。「迅速なIoT展開と、ユーザーによるデバイスデータの完全管理を可能にする強化したセキュリティー機能を実現」するという。これにより開発期間が短縮され、技術的な複雑さとコストが低減される。
主な用途として、次のようなものが挙げられている。
データのロギングとモニタリングを必要とする社内または商用のIoTプロジェクト
スマート農業、温室モニタリング、造園、灌漑、および精密農業のユースケースシナリオ
火災検知、冷蔵監視、

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました