FPオフィスあしたば・安藤さんに聞く!制度改正で変わる年金の受け取り方と私的年金づくり

マーケティング
(画像=PIXTA)2020年に成立した年金制度改正法が、2022年から本格的に施行される。この改正には公的年金と私的年金の双方の見直しが含まれており、今回の改正によって、年金の受け取り方をはじめ、老後資金準備の考え方は、従来よりも選択肢が広がることになる。そこで本特集では、施行となる改正の内容をおさえるとともに、年金受給世代の多様な生き方・働き方に合わせて、老後資金や年金受給についてどうアドバイスすればよいか解説する。2022年改正によって、年金の受け取り方や老後資金プランの考え方は、従来より選択肢が広がる。そこで本稿では今回の改正をどう捉え、お客様にアドバイスすればよいかについてFPオフィスあしたばの安藤宏和さんにポイントを聞いた。 安藤宏和(あんどう・ひろかず) FPオフィス「あしたば」代表/CFPⓇ一般社団法人確定拠出年金教育支援協会 理事保険会社での勤務を経て、FPオフィス「あしたば」を設立。専門はiDeCoやつみたてNISAを活用した資産形成で、30〜40代の生活者を中心に長期的なサポートを実践。FP等の育成にも従事し、研修受講者はのべ4000人を超える。 2020年5月29日に「年金制度の機能強化のための国民年金法等の一部を改正する法律」(いわゆる「年金制度改革法」)が成立。改正は一部を除き2022年4月から順次施行され、公的年金等の「活

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました