より高効率・低劣化率 !ジンコソーラーは2022年N型TOPConのTiger Neoが生産能力10 GWを目標設定

2017-08-24_00h03_35 マーケティング
2021年11月26日、ジンコソーラーはN 型 TOPCon(量産型トンネル酸化膜パッシベーションコンタクト)技術は次世代の主流技術としてTiger Neo太陽光パネルを製造し、2022年生産能力は10 GWに達する見込みである、と発表した。N 型 TOPCon技術によって製造した太陽光パネルは既に2020 年下半期に量産実現した。182mm角のTiger Neoは、MBB(マルチバスバー技術)及びハーフカット技術を結合することによって、内部抵抗による損失を低減し、両面係数は85%を達成し、P型の両面係数より約5%-15%向上した、発電性能と発電効率も大幅に増えた。LIDとLeTIDが最適化されたため、ジンコソーラーTiger Neoは業界トップクラスの30年のリニア出力保証を提供する。初年度1%の年劣化率を保証し、30年後のリニア出力の劣化率は初年出力の87.40%より高い。またTiger Neo(N型TOPCon)の温度係数は - 0.30%/ ℃で、P型の温度係数-0.35%/ ℃より、極端環境と高温環境では耐久性が高い。N型TOPCon技術は一体どのような経済的優位性を備えているでしょうか。ジンコソーラーは量産達成の4つの182mm/210mmの主流製品を選んで比較した。それぞれは610 Wの182mm N型モジュールと、565 Wの182mm N型モジュール、660 Wの

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました